2011年02月19日

ストライダーとワイバイク

幼児用自転車として人気のストライダー。

ペダルが無いことで、本格的な自転車に乗る際に
妙な恐怖心など作りません。

ペダル無しの子供自転車ストライダーと人気を
二分しているのがワイバイクです。

現在ストライダーは予約待ち状態も珍しくありませんが
ワイバイクは品揃えもよく、通販でもすぐに手に入ります。



posted by ストライダー自転車 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

ストライダーについて

ストライダーは、教育的であり、自転車とオフロードバイクにペダルを踏ませるために変遷を促進するところで有効になるように設計されましたが、何よりも、それは、FUNになるように設計されました! それは、維持が最小限でなければならないことを意味します、そして、デザインのあらゆる局面が若いオペレータにとって、おもしろい要素の補足とならなければなりません。 耐パンクの泡のタイヤは「出かけます」ゆえヒールの低い靴がなく、インフレ問題がなく、および遅れを全く意味しません。

調整可能な席とハンドルバーで、2歳は4歳と同じくらい快適になります。 軽量は最も小さい乗り手にさえ乗る機会を許容します。 ボールベアリングはホイールを回転させ続けます。 そして、簡単で、軽量のプラスチックの軸受筒は操縦headtubeを保護します。 ストライダーは完全なデザインです: 簡単である、実際にはメンテナンスフリー、およびおもしろくて、おもしろい楽しみ! ほんの少しの注意で、ストライダー自転車はそれら自身の二輪車の上の自由を求める彼らの探索に数人の小さい乗り手に役立つでしょう。 任意のフットブレーキは安全を改良しますが、何よりも、乗り手は歩道の上、または、土にそれでそのものすごく重要なskidmarkを残すことができます。

私たちの一次テスト乗り手は、3歳のときにほんの6カ月ストライダー原型に乗った後に、補助輪3歳とミニdirtbikeで補助輪なしでペダル自転車に独自に乗っていました。 それでも、彼は、純粋で、簡単な楽しみのために、絶えず彼の野外の遊び時間についてストライダーに先祖帰りをして、多くを費やします。
posted by ストライダー自転車 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キッズ用自転車ストライダー

ペダルなしのキッズ用自転車ストライダーの創造に関するオリジナルの動機--走っている自転車はペダル自転車への安全で簡単な変遷を提供することになっていました。

明らかに、私たちの1-5 歳の狙っている乗り手のグループには、コントロールの容易さは重要でなければなりませんでした。

最初の要件がLOWシート高と重心であったので、私たちの小さい乗り手は安全であると感じました、。 最も短い脚さえ地面に達するのを許容して、私たちのシート高は最小11インチを始めます。

また、上がるというよりむしろコントロールも安値、小さい乗り手が努力できるストレートハンドルデザインによって支援されています。

その同じハンドルバーデザインは、その人が、より良いてこの作用と共にバーで停止できるので、子供が障害について自転車を持ち上げるのを助けます。 若い乗り手が、より優れるようになるとき、子供が丘を下って滑降するとき、フット・レストは、場所を両足に提供します。 (また、任意のブレーキレバーに両足を置くと、すばらしいskidmarkを作成する丘のふもとの機会を提供します!)私たちの若いテスト乗り手は本当にskidmarkが好きです。

そして、最終的に、私たちの低い席、低いハンドルバー、および低い重心はすべて結合して、乗り手で自信を育みます。 彼らは、すぐ、速度に達して、同時に速度を上げるためにしっかりと座って、グイグイ押すことを学びます。 したがって、私たちの乗り物、ストライダーという名前、aを走って、ストライダー?これが、走ることができるより3倍速く乗っていることを意味するとき、徒歩で6フィート以上に駆けつけるとき、速度では. 小さい子供のストライドは約2フィートから行くでしょう。


三輪車は、終わるすり傷足首をくつがえして、ひどいペダルてこ率を持っています。 トレーニングで運ばれた自転車は、高く、重く、傾きやすく、複雑で、本当に若い乗り手には、全く怖いです。 両方には、素晴らしい潜在能力が負傷によってあります。

ストライダーの特徴は低い重心、低いシート、低いハンドルバーです。
それと、軽量ということです。

乗り手には、はるかに良いコントロールがあります。
ストライダー自転車はペダルがありません。
スプロケット、チェーン、およびケーブルは損傷の可能性をさらに減少させます。

ストライダーは自転車に乗ったことのない子供に最適な自転車です。
posted by ストライダー自転車 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ストライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストライダーキッズ動画

YouTubeを見ていたらストライダーの動画が
あったので紹介しておきます。


■ストライダーキッズ




■ストライダーキッズ2




■ストライダーキッズ3



posted by ストライダー自転車 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ストライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストライダー自転車にブレーキはあるの?

ペダル無し自転車ストライダーは
ランニングバイクなのでブレーキはありません。

では危険じゃないの?

という疑問がでますが、はい危険です。

でも、それはストライダーに限ったことではなく、
普通の自転車や三輪車でも同じことです。

ストライダーはキッズ向けの自転車なので、
ご両親など保護者が近くで見守っているのが
前提なのです。

まず自動車が通行するような場所では
ストライダーを乗るべきではありません。

停止する時は、通常なら足をついて止まります。
スピードがでてしまっても、倒れれば大丈夫です。


動画があったので見てみてください。


posted by ストライダー自転車 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストライダーのキッズ自転車が人気

キッズ自転車「ストライダー」は、様々なメディアに取り上げられるほど、爆発的な人気になっています。

ストライダーは、予約待ちが相次ぎ、これまでのキッズ自転車ではありえないほど、ブームになっています。

ネット通販大手の楽天ショップでも、ストライダーは出荷待ち状態です。

posted by ストライダー自転車 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。